内在するかたち

 

mmanent[内在]とは人の中に潜む心の存在[形]である

人は歪み、傷つき、嘘をつく

人は光り、助け合い、笑うこともできる

どちらも人間の存在

 

内在する形を彫刻にすると

重力を感じ、しっかりと地に立っている感覚になる

 

それはきっと、全てを包み込み感じる心と

内在する人の心に魅力が詰まっているからである

 

人間の心に潜む内在する形を彫刻にして

 

人間の心のリアリズムを求めた

 

 

かぜのかたち

 

モンゴルの一面に広がる草原の地平線。

草原いっぱいのカモミールの香り。

優雅に流れる大きなナマズの住んでいる川。

ナーダムに出場する騎士は士気を高めるギンゴーを草原に響かせる。

目を閉じるとモンゴルの風が優しく吹き抜け、心の中がソワソワとする。

作品を作る時、この風を感じながら形ができる。

 

 

 

それは、現代のわしたちが忘れてしまっている豊かな自然の中で生きる、たくましい力と優しい心の風景なのかもしれない。